[豊田市駅徒歩7分]豊田市の自立型個別指導塾・学習塾

〒471-0024 愛知県豊田市元城町4-19-1名古庄ビル2階
豊田市駅から徒歩7分
豊田市役所すぐ隣

開校時間
平日16:00~21:40
祝日14:00~19:00
定休日 
土曜・日曜
土曜は不定期開校
対象学年
中学生
高校生

ESTがICT教材を採用する理由

当塾は通常授業でICT教材を採用しています。ICTとは[Information and Communication Technology](情報通信技術)を指し、簡単に言えばパソコンやタブレットを用いた教材です。

情報通信技術が進化するなかで、教育分野ではまだ抵抗感を示す人が多いのも事実です。特に中学生の保護者の方の中には、パソコンを使うと聞いた時点で「うちの子には合わない」と否定される方もいます。このページでは特にそんなイメージを持っている方に、なぜ当塾がICT教材を採用しているのかを解説します。

パソコンの授業と対人授業、何が違う?

【質問に対する対応力】

パソコンの授業と対人の授業で何が違うかを考えた時に、人と機械は対応力が違います。人はより柔軟に対応できるため、授業中質問をすればすぐに答えてくれるでしょう。これが対人の最大の良さです。

ですから、授業で先生にバンバン質問するようなタイプの子は対人の方が良いかもしれません。しかし質問するにもそれなりの実力が必要です。

質問できる子というのは理解が進んでいる子です。予習で新しいことを習っているときに質問するには、それなりの基礎が必要です。つまり勉強ができない子ほど、質問できないということになります。これが意外と盲点です。

勉強できない子ほどたくさん質問できる環境が必要だと考えられがちですが、もっと前の段階として「質問できるようになるための基礎作り」が必要なのです。

基礎ができてきて、自分の中で理解が進んで初めて、質問できるようになります。お子様はどうでしょうか?しっかり質問できていますか?

【時間的制約】

対人の場合は、当然時間に制約があります。塾の決められた時間でしか授業を受けることができません。一方パソコンであれば、いつでも授業を受けられます。高校生が映像授業主流なのはこれが理由です。特にスマホが発展した今の時代はこの点がかなり利点になるでしょう。

【集中力】

対人の方が先生が見てくれている分集中力が続くという子もいます。見られている分、しっかりやろう!と思うかもしれません。逆に言えば、誰かが見てくれていなければ集中できない、ということになります。これは当塾の目標である自立学習の大きな壁となります。集中力は与えられるものではなく、自分で錬成していくものです。

それぞれに違いがあり、メリットデメリットあります。当塾は、「対人個別の方が質問に対して柔軟に対応してもらいやすいが、勉強ができない子ほど質問できないので、そのメリットを生かせない。勉強ができる子なら、対人個別のような時間的制約のないパソコンの授業の方が、自分のペースでどんどん進められて良いのではないか。」と考えています。

ただ、いずれにせよ、パソコンだろうが対人だろうが、授業を受けるだけでできるようになるわけでない!ということを忘れてはいけません。

 

当塾がICT教材を採用する具体的な理由

  • 1
    高校生の学習に対応するため

高校生になると教科数も増え、その時々で必要な授業が異なります。先週は数学が分からなかったけど、今は古文が全然わからない、などいろいろな状況に対応できるようにするためには、ICT教材が一番手っ取り早く対応できます。先述しましたが、家でも授業を受けられる分、分からないときに即座に対応できます。

  • 2
    中学生の家庭学習の管理

中学生が正しい学習習慣を身に付けるためには家での学習が必須です。一般的な塾では、それを宿題として対応していますが、いつどのようにやるかまでは見てくれません。最悪、塾の授業の直前に答を写したり、適当にやった上で塾では「分からなかった」とのたまったり、やってないのに「やったけど忘れた」などと言い訳したり、やりたい放題できます。

当塾採用のICT教材は、これらの言い訳や適当な取り組みは一切できません。家での学習を細かく管理するのに適したツールとして使用しています。

  • 3
    同じ授業を何度も受けられる。

対人の場合先生が変わると教え方も変わるため、混乱しがちです。ICTなら同じ授業を何度も受けられるので、忘れたときもすぐに思い出すことができます。分からないときも、授業を一時停止して塾長が個別で解説します。同じ授業内容、同じ解説、という点で再現性が高く、より定着しやすくなります。

  • 4
     
    大学受験に対応するため

大学受験では今後パソコンを用いた受験方式(CBT方式)に移行していくことが検討されているのはご存じでしょうか。情報化の波は受験にも来ています。詳しくは以下の記事をご覧ください。

大学入試新制度でCBTの導入が検討されている件

【何を使うか】ではなく【どう使うか】

当塾がICTを採用している理由は上述のようになりますが、当塾はICTを売りにしている塾ではありません。

当塾の指導の目標を達成するための手段として、ICT教材が一番合っていたというだけであり、ICT教材が成績を上げてくれる、なんてこれっぽっちも思っていません。対人での指導では実力が伸びない、とも思っていません。現に当塾でもマンツーマン指導や少人数指導は実施しています。

大切なのは、どんな教材を使うか、などではなく、どのように使うか、です。塾の授業をどのように利用して実力を伸ばしていくのかに焦点を合わせれば、対人かパソコンか、なんていうのはそれほど重要なことではないのです。

最後に…

対人個別には対人個別の良さがあります。しかし高校生の学習は塾の授業だけではカバーしきれません。大学受験を視野に入れているのであれば、ICT教材をどれだけ活用できるかも、高校で実力をつけるには重要な要素になります。インプットの学習はICT教材で自分の学ぶべきことをピンポイントで学習し、アウトプットの学習はテキストなどで練習していく、としっかり使い分けて取り組めるようになると効率よく苦手を克服し、実力をつけることができるでしょう。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問い合わせください

塾長の私がお返事します!

お電話でのお問い合わせはこちら

0565-42-3492

TEL受付時間:平日16:00~21:30 
定休日 :日曜・土曜 ※土曜日不定期開校(月間予定表
フォームのお問い合わせは24時間受付しておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加

「メールアドレスは普段使っていないからよくわからない。」けど…「電話は時間が合わない。」「ちゃんと文章に残して見直せるようにしたい」

そんな保護者様にはLINEでのお問い合わせをお勧めします。「友達追加」をしていただき、LINEでお問い合わせください。その際、お名前(名字だけでも結構です。)学年の情報をいただけるとより詳細なご案内、ご説明ができます。

PCでご覧いただいている方は、QRコードをスマホで読み込むと登録が可能です。

 

2024年度定員情報

来年度の募集定員は以下のようになります。なお塾全体の定員に達した場合は募集を停止致します。興味のある方はお早めにお問い合わせください。

新中1…1~2人

新中2…1人

新中3…2人

新高1…未定(中3継続次第で決定)

新高2…1~2人 

新高3…1~2人 

※高校生独学サポートコースは上記定員に含みません。

 
募集停止:現在満席のため募集を停止しております。今後再開する場合はご予約順にご案内いたします。
募集終了:今年度の募集は終了しました。

お問い合わせ

塾長の友永が返信・お電話対応致します!

お電話でのお問い合わせはこちら

0565-42-3492

フォームでのお問い合わせは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

LINEでお問い合わせ

「メールアドレスは使っていない…でも電話は時間が合わない…」という方はLINEでお問い合わせいただけます!

友だち追加

友達追加をして、お気軽にお問い合わせください!

アクセス

0565-42-3492
住所

〒471-0024
愛知県豊田市元城町4-19-1名古庄ビル2階
豊田市駅から徒歩7分
駐輪場あり
ビル共用駐車場あり

詳細図
営業時間

平日16:00~21:40
祝日14:00~19:00
メールでのお問合せは24時間受け付けております。
※講習期間を除きます。

規定休校日

土曜・日曜 / 年末年始・お盆・GW
※土曜不定期開校(月間予定表