豊田市の自立型個別指導塾・学習塾

〒471-0024 愛知県豊田市元城町4-19-1名古庄ビル2階
豊田市駅から徒歩7分
豊田市役所すぐ隣

開校時間
平日16:00~21:40
土曜不定期開校
定休日 
日曜
対象学年
中学生
高校生

愛知県公立入試はこう解く!~英語編~

 

【2021年平均点】Aグループ 12.2点 /   Bグループ 11.8点

【2020年平均点】Aグループ 10.9点 / Bグループ 10.8点

【2019年平均点】Aグループ 11.0点 / Bグループ 11.2点


愛知県高校入試英語は、各問の解き方をしっかり練習しよう!

平成29年以降の新傾向の問題から、さらに長文の読解力と細かい文法的知識が必要となる問題になりました。英語が苦手な子にとっては大変ですが、練習次第で解けるようになる問題もあります。それを確実に得点できるようにしましょう。

愛知県公立高校入試英語の出題形式について

出題形式はAグループ、Bグループともに大問数は4つ。リスニングが10分程度と筆記考査が40分です。問題量は標準的ですが、近年難化傾向にあります。読解力、作文力、文法知識、熟語暗記など、中学英語の総合力が問われるので、英語が苦手な子は得点しにくいため、早めの対策が必要です。

リスニング配点5点

ある会話文に対する四択式の正誤問題。

筆記試験

大問1【英作文】配点2点

あるテーマに関して、I think that(    )because(    )に当てはまるように英文を作る問題。

大問2【適語補充】配点3点

文章中のカッコ内に適する語を入れる問題。会話の流れを読む力と単語熟語などの知識を共に必要とする。

大問3【長文】配点6点(うち2点問題1問)

適語補充、並び替え、語形変化、文章把握などが中心。主に文法力と読解力が問われる。

大問4【会話文】配点6点

応答文の選択、適語補充など。読解力と語彙力が主に問われる。

愛知県公立高校入試英語のポイント

英語は知識と読解力がともに必要です。覚えている子は得点できるし、覚えていない子は得点できない。また大問のうち2つは長文読解であるため、読解が苦手な子にとってはかなり厳しい出題形式になっています。

それでも出題形式を把握し、解くポイントをつかんで練習を積めば、得点できる問題も増えていきます。諦めず地道に頑張りましょう。

大問1 英作文のポイント

英作文と聞くだけで拒否反応を示す子もいるでしょう。しかしヒントが全くないゼロの状態から英文を作るわけではありません。文の形式もヒントも与えられているので、練習をすれば難易度の高い問題ではなくなります。慣れてくれば機械的に訳すだけの英訳問題と考えられるようになるでしょう。

平成29年度Bグループ過去問

ステップ① I think that以下の決定(自分の意見の設定)

点線枠内がテーマになるわけですが、この中に必ず問題提起があります。赤枠で囲ってある部分がそうです。この部分をI think that以下の赤線に書いてしまえばいいわけです。英作文と言うより、英訳問題です。

「高校にも給食があるべき」もしくは反対意見で「弁当を持参するべき」を英語にすればいいわけですが、日本語から英語に直すとき、まずは主語を決定することが第一ステップです。

賛成のときの例

we should eat a school lunch(ヒトを主語にするとき)

私たちは給食を食べるべき

high schools should have a school lunch(高校を主語にするとき)

高校は給食を実施するべき

a school lunch should be eaten in high schools(給食を主語にするとき)

給食は高校で食べられるべき

反対のときの例

we should bring a box lunch to high schools(ヒトを主語にするとき)

私たちは高校に勉強を持ってくるべき

high schools should make students bring a lunch box.(高校を主語にするとき)

高校は生徒に弁当を持ってこさせるべき

a box lunch should be brought to high schools(弁当を主語にするとき)

弁当は高校に持ってこられるべき

文法的に問題ないかどうかで書いてあるので、実際こんな言い方するかどうかは考えていません。素直にヒトを主語にして文を作るのが良いと思いますが、モノを主語にする場合は、たいてい受動態の文になるので注意が必要です。

 

ステップ②because以下の作文(理由の決定)

ステップ①で自分の立場を明確にしたら、次はbecause以下の文を作ります。because以下の文は、問題の青枠に囲われた部分を参考にして作ります。ここを見れば、大体どんな文を作らせたいのか想像できます。

choose→弁当は食べたいものを選べる

health→給食は健康によい

save→給食は弁当を作る時間を節約できる

このように「参考」の単語は大体作らせたい文を指示しています。その意図を汲んでまずは日本語の文を作り、それを英語に訳していくという手順です。

賛成のときの例

we can save the time to make a lunch box in the morning at home

朝家で弁当を作る時間を節約できる

it is good for our health

給食は健康によい

反対のときの例

we can choose what to eat from our favorite food

好きな食べ物から食べるものを選ぶことができる

my mother became busy and tired in the morning

お母さんが朝忙しくて疲れてしまう

ちなみに2018年の入試では、ある意見に対する理由をFirst, Secondで2つ答える形式でした。英作文の形式はまだ固まっていませんが、上述したように「参考単語から理由を日本語で考え、それを英語に直す」という作業自体に変わりはありません。参考単語を十分活用して解けるよう練習していきましょう。

大問3 語形変化のポイント

毎年、文中に適する動詞を選び、適する形に変形して答える問題で出題されます。例年2問出ていましたが、29年以降1問になりました。しかしこの問題も慣れれば確実に得点できるようになるので、特に英語が苦手な子は押さえておきたい問題です。

まず動詞の変形について簡単にまとめます。

そもそも動詞の変形はこの5種類しかありません。

それぞれの形がどのような文法で用いられるのかさえ、頭にいれておけば、この問題は簡単に解くことができます。ちなみに原形が答えとされることはほとんどありません。

動詞を用いた中学文法は下の5つ程度です。

カッコの直前にbe動詞があれば、動詞の形はing形か過去分詞の2択になりますし、カッコの直前にhaveがあれば、過去分詞1択になります。このようにカッコの直前にヒントがあることもあるので、しっかりチェックするようにしましょう。

では実践です。以下は平成29年度の入試問題です。

日本語に訳してみます。

「しかしながら、いくつかの鳥はこのようなユニークな力を( A )して、異なる方法で進化した。」

①のthis unique powerとは何なのかを考えると、前段落の文に同じような語があります。その後ろにofを挟んで、flying in the skyとありますね。つまりthis unique powerの内容は空を飛ぶこと、と分かります。ではいくつかの鳥は、空を飛ぶ力をどうしたのか。ヒントは2つあります。まずはhowever。

howeverは逆接で「しかしながら」と訳します。前の段落で空を飛ぶ力のおかげで生き残ってきた、とありました。その逆接なので、その力を捨てた、と考えられます。またカッコを含む文の次の文に「Penguins are good examples.」とあります。ペンギンはご存じのとおり飛べない鳥です。つまり飛ぶ能力のないペンギンが例として紹介されているわけです。

よって「失う」を意味するloseを選ぶことができます。

あとは時制ですが、andで挟んだ次の動詞②がtakeの過去形tookになっています。よってloseの過去形lostが正解となります。これがおそらく模範的な解き方です。

動詞の形を決めるだけなら、まず文の形に注目します。

some birds (  A  ) this unique power ここで1文が終わっています。Aには動詞をいれる必要があるので、ing形や過去分詞は選択肢からなくなります。また三単現のsもないとなれば、原形か過去形の2択です。ここで後ろのtookを見て過去形に決めます。時制の決定は非常に簡単です。

ではもう一問行きましょう。

She (  A  ) a lot of swimmers(彼女はたくさんの水泳選手に( A ))だけに注目すれば、Aには必ず動詞が来ます。よってing形、過去分詞形はなし、またswimmerは人なので、人に対する動詞を考えればmeetしかありません。あとは時制ですが、この文章の動詞はすべて過去時制で書かれています。よって過去形metが正解になります。

平成29年度の新傾向の問題になってから、カッコを含む文だけで判断するのが難しくなったように思います。今後、前後文をしっかり読んで文意を把握しないと選択しづらい問題になるかもしれませんが、少なくとも動詞の形だけは自信をもって判断できるよう練習していきましょう。

最後に

問題を解くコツを簡単に解説しましたが、英語で高得点が取れるかどうかは、文章をどれだけ読解できるかにかかっています。そのためにはまずは文章を読むことに慣れなければいけません。最低限の単語熟語の知識、文法の知識があればあとは練習あるのみです。

もちろんむやみやたらに数をこなすだけではいけませんが、適切な練習を積んでいければ、読めるようになるでしょう。

お気軽にお問い合わせください

塾長の私がお返事します!

お電話でのお問い合わせはこちら

0565-42-3492

TEL受付時間:平日16:00~21:30 土曜日不定期開校(月間予定表
定休日 :日曜
フォームのお問い合わせは24時間受付しておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加

「メールアドレスは普段使っていないからよくわからない。」けど…「電話は時間が合わない。」「ちゃんと文章に残して見直せるようにしたい」

そんな保護者様にはLINEでのお問い合わせをお勧めします。「友達追加」をしていただき、LINEでお問い合わせください。その際、お名前(名字だけでも結構です。)学年の情報をいただけるとより詳細なご案内、ご説明ができます。

PCでご覧いただいている方は、QRコードをスマホで読み込むと登録が可能です。

 

2022年度定員情報

満席となった場合は、募集を停止させていただき、ご予約の上キャンセル待ちとなります。興味のある方はお早めにお問い合わせください。なお、塾全体の定員を満たした場合も学年の空きに関わらず募集を停止致しますので、予めご了承ください。

新中1…12月1日に掲載予定

新中2…12月1日に掲載予定

新中3…12月1日に掲載予定

新高1…12月1日に掲載予定

新高2…12月1日に掲載予定

新高3…12月1日に掲載予定

【表記について】

募集終了今年度の通塾コースの募集は完全に終了致しました。年内の再募集もありません。ご理解の程よろしくお願い致します。(在宅コースの募集は継続しています。在宅コースに関して詳しくはこちらから。)

募集停止…満席により募集が停止となるため、入塾(体験)予約で対応させて頂きます。なお今後、状況に応じて募集を再開する可能性がありますが、その際は予約順にご案内いたします。(在宅コースの募集は継続しています。在宅コースに関して詳しくはこちらから。)通塾予約・面談申し込みはこちらから。

一時停止…お問い合わせ多数により一時的に募集を停止させて頂きます。今後、体験受講者の動向に応じて募集を再開する際は予約順にご案内致します。状況によってはこのまま募集停止となる可能性もありますので予めご了承ください。通塾予約・面談申し込みはこちらから。

お問い合わせ

塾長の友永が返信・お電話対応致します!

お電話でのお問い合わせはこちら

0565-42-3492

フォームでのお問い合わせは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

LINEでお問い合わせ

「メールアドレスは使っていない…でも電話は時間が合わない…」という方はLINEでお問い合わせいただけます!

友だち追加

友達追加をして、お気軽にお問い合わせください!

アクセス

0565-42-3492
住所

〒471-0024
愛知県豊田市元城町4-19-1名古庄ビル2階
豊田市駅から徒歩7分
駐輪場あり
ビル共用駐車場あり

詳細図
営業時間

平日16:00~21:40
土曜不定期開校(月間予定表
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

規定休校日

日曜 / 年末年始・お盆・GW